早めにブランド買取をした方がいい理由

衣替えのシーズンや片付けのときに、使わないブランド品が出てくることがありますよね。後でまた使うかも知れない、売るのがちょっと面倒だから今度買取にだそう、といった風に後回しにしてしまうこともあるかも知れません。でも、ブランド品を眠らせたままにせずに、早めにブランド買取をした方が高値で売れます。ここでは、早期にブランド買取をすることをおすすめする理由について解説します。

ブランド品は新商品が出たら古い商品の価値は下がっていく

ブランド品の保管環境によって価値が下がることも

後から使用するからとブランド品を置いていても使わないことが多い

置いておく時間が長いほど価値が下がる

ブランド品は元値も高いため、また使うことがあるかもと大事にとっておきがちですが、早めに売ってしまうのがベターです。なぜなら、ブランド品は型が新しいものほど高く売れる傾向があるため、置いておく時間が長いほど型が古くなり、買取価格も下がってしまうのです。一般的には新しい型が発売される前に売るのがベストですが、そうでなくても新しい型が発売されてから時間をおかずに売るのが良いでしょう。 ブランドによっては10万円以上買取価格が安くなってしまうこともあるので、半年以上使わないものは早めに見切りをつけて売ってしまうのがおすすめです。できるだけ高く売り、そのお金を新しいブランド品を買うための資金にするのも良いでしょう。

例外としてビンテージ品は古くても高く売れる

ブランド買取の一般常識としては、新しい型のものほど高く売れるのは基本ですが、例外としてビンテージ品があります。ビンテージ品は数十年前のものでも高く売ることができ、元値より高い値段で買い取ってもらえることもあります。しかし、ビンテージ品の中でも高値が付くのは製造個数が少なかったり、発売されてすぐに何らかの事情で発売が中止されたりしたレアな商品だけです。また、古い商品ならどのブランドでもビンテージ品として扱われるわけではなく、ビンテージ品として重宝されるブランドは限られています。2000年以降の商品に関しては、ビンテージ品として元値より高い値段が付く商品はほとんどないので、やはり早めに買取に出すのが無難といえるでしょう。

ブランド品の査定のポイント

売りたいと考えているブランド品のアイテムたち。いったいどのくらいの価格で売れるのか、気になりますよね?買取ショップでは、どんな基準をもとに買取価格を決めているのでしょうか?ここではブランド品の査定ポイントについてまとめたので、売ろうと検討中の方はぜひ読んでみてくださいね。

商品のコンディションの良し悪しで買取価格が大きく変わる!

ブランド品の査定の基準において、商品のコンディションは大きなポイントとなります。新品に近いものほど高く、使用感のあるものほど値段が下がっていきます。バッグの場合は、持ち手の部分の使用感や底部分の擦…

付属品の有り無しで買取価格が左右することもある!

今まで気に入っていたブランドメーカーの服やバッグが年代に合わなくなった、カジュアルなブランドから大人っぽいブランドへと好みをチェンジしたいなど、さまざまな理由で使用頻度が減るアイテムが増えてくる場…

買取市場の相場状況によって買取価格が変動しやすい!

中古品のマーケットが活況を呈しているのは、中古品への関心が高まっていることを物語っているのではないでしょうか。新品のモノでなくても高品質で高性能であれば、評価されるのです。そんな中、ブランド品への…

>

ブランド買取で保証書がない場合の影響とは

© Copyright Brand Quality Goods. All Rights Reserved.