ブランド品の保管環境によって価値が下がることも

クローゼットの保管環境を見直そう

クローゼットの中が隙間なく洋服やバッグで埋めつくされているという人は多いのではないでしょうか?毎日忙しいと、クローゼットの整理をすることが億劫になることもあるでしょう。でも、そんなパンパンになったクローゼットの中に、高級なブランド品を詰め込んでいたら、商品の状態を悪くするきっかけになってしまいます。クローゼットは湿気が溜まりやすいところです。梅雨の季節や雨の日なんかは特にカビが発生しやすい状況になります。できるだけ、洋服やバッグは詰め込まないで、ゆとりをもって収納できるようにしたほうがいいです。そうすれば、部屋の窓とクローゼットを開けて換気をするときに、空気の入れ替えもしやすくなり、湿気がこもるのを防げます。洋服やバッグのカビの発生は、ブランド品の価値を下げるので、クローゼットの中の不用品を処分するなど、整理をして保管環境を見直しておきましょう。

ニオイもブランド品の価値を下げる原因になる

クローゼットを開けたときに、フワッと良い香りがしたら気分が上がりますよね。クローゼットの中や洋服の湿気を防ぐために乾燥剤や、嫌なニオイを防ぐために消臭剤を使用するという人は少なくありません。そういった乾燥剤や消臭剤には、香り付きの商品も多く販売されています。でも、そういった香りがブランド品のアイテムについてしまうと、査定時にマイナス査定になります。また、部屋の中でタバコを吸う場合や、一人暮らしだとキッチンと部屋が一緒のワンルームタイプである場合も多いので料理のニオイがブランド品のアイテムに染みつくこともあります。そういったタバコや料理のニオイも査定額に大きく響きます。査定前には必ず陰干しするなど、気になるニオイは除去しておくとよいです。不用なブランド品を長く所有しているほど、長年の色んなニオイがついてしまうものなので、早めにブランド買取をしておいたほうがいいです。

© Copyright Brand Quality Goods. All Rights Reserved.